ルネスタを実際に飲んでみた効き目、副作用などをご紹介します。通販を利用すれば病院に行かずにジェネリックを購入できます。

ルネスタとは

ルネスタ

ルネスタは安全性が高く、即効性があるために最も人気の睡眠薬(睡眠導入剤)の一つです。早ければ15分程度で寝付く事ができ、その日のうちに効果を得る事が可能です。副作用もほとんどないため、初めて服用する方でも安心して服用する事ができるでしょう。

通販を利用すれば、病院に行かずに安いジェネリックを購入する事が可能です。「眠れなくて悩んでいるけど病院に行く余裕がない」という方は、通販を利用して早めに不眠症を改善するのがオススメです。ルネスタを服用するだけで、寝つきが悪い方でも簡単に寝つく事ができるようになるでしょう。

ルネスタはアモバンを改良して作られたお薬でもあります。アモバンの中にあるS体という効果がある部分だけを抽出して作られています。その効果はアモバンによく似ていますが、アモバンにあった副作用はさらに軽減されているのが特徴で、服用しやすくなっています。

※リンク先はルネスタのジェネリックです。

ルネスタを実際に飲んでみての効き目

最初に服用した睡眠薬がルネスタだったのですが、インターネットでも紹介されていたように、ルネスタの効果は緩やかなものでした。そこまで急激に眠りにつくような効き目ではなく、遅めに効いてくるので緩やかに眠りにつきたいと考えている人に特に向いているといえます。1mgから3mgの間の量で使われることが多いのですが、最大量を投与してもものすごく強いという印象はあまりありません。

また、アモバンにあった副作用である苦味が気になる人もいるかもしれませんが、ルネスタは苦味も軽減されているのであまり気にすることなく服用できます。入眠障害に悩んでいる人で、緩やかに眠りたい人はぜひルネスタやルネスタのジェネリックを通販で購入して服用することをオススメします。

ルネスタで感じた副作用

ルネスタは間違った使い方をしなければ、大きな副作用はありません。ですが、副作用が全くないというわけではないので、服用の仕方によっては何らかの症状を副作用として感じる可能性はあります。通販でもジェネリックを購入できて、穏やかな効き目という魅力があるルネスタですが、副作用が現れたときはどのように感じられるのでしょうか。

実際にルネスタを服用したときに感じた副作用は、めまいや眠気といった症状でした。また、翌朝にだるさを感じたこともありますが、翌朝のだるさはルネスタの服用を続けるうちに気にならなくなりました。ルネスタを服用したときに、もっとも気になった副作用は口の中の苦味で、アモバンよりも軽減されているとはいえ苦味が全くなくなったというわけではありませんでした。口の中に苦味が残るのがどうしても嫌だ、すごく苦手という人は、ルネスタの使用はあまりオススメできないかもしれません。

ルネスタはジェネリックを通販で購入するのがお得で簡単

既に何度も触れているように、ルネスタにはジェネリック薬が存在しています。ルネスタを使って不眠症を改善するのなら、新薬であるルネスタを購入するよりも、ルネスタのジェネリック薬を購入したほうがお得になります。

というのも、ルネスタとルネスタのジェネリック薬を比べると、ジェネリック薬のほうが安くなるので、お得に不眠症を改善できるのです。睡眠薬はしばらくの間、服用を続ける必要がある薬でもあるので、少しでも安い価格で手に入れられるものを使うほうが負担になりにくいですよね。

また、通販で購入できるジェネリック薬なら、病院で診察を受ける必要もないので、必要になるのがルネスタジェネリックを購入する代金だけになるので、出費を抑えられます。

日本では、ジェネリック薬はまだあまり一般化していないので、ルネスタのジェネリック薬は効き目が劣っていそうで不安と考えている人もいるかもしれません。ですが、ルネスタのジェネリック薬は新薬と同じ効き目を期待できるので、効き目が劣ったりすることはありません。

また、通販ではルネスタのジェネリック薬のほうが多く取り扱われているので、簡単に手に入るという魅力もあります。通販を利用して睡眠薬を購入したいと考えている人は、薬代を節約するためにも、ルネスタのジェネリック薬を通販で購入するのが一番だといえます。ルネスタを通販で購入するのは違法ではありません。ただし服用は自己責任になりますので、その点は注意するようにしましょう。

※リンク先はルネスタのジェネリックです。

ルネスタの飲み方・用量

ルネスタを正しく、安全に使うためにも、飲み方や正しい用量を知っておくのは大切なことです。ルネスタは1回の用量は2mgが基本になっており、症状の度合いによって1回3mgまで服用することができます。高齢者に対してルネスタを使用する場合は、最小で1回1mg、最大で1回2mgになるので注意しましょう。

ルネスタは就寝前に1回2mgを水やぬるま湯と一緒に経口から服用します。成人の場合は1回3mg、高齢者の場合は1回2mgが限度量になるので、この限度量を超えて服用しないように注意しましょう。また、ルネスタは食事と同時または食後すぐに服用すると、空腹時に服用したときに比べてルネスタの血中濃度が低下してしまうことがあります。効き目にも影響してくる可能性があるので、食後の服用は避けましょう。

ルネスタのだいたいの持続時間

緩やかなのに確かな効き目があるルネスタは、非常に魅力的な睡眠薬の一つです。ジェネリック薬も通販で手に入りやすいという魅力もあるルネスタですが、持続時間はどれくらいなのでしょうか。

既に紹介しているように、ルネスタは睡眠薬の中では超短時間型に分類されます。超短時間型に分類される睡眠薬は持続時間が短く、服用して1時間前後で血液中の薬の濃度が最高値になって眠気が現れ始めます。

薬の濃度が半分になるまでの時間は約5時間になっており、5時間以内に効果が切れます。ジェネリック薬の場合でもこれは同じになるので、ルネスタの服用を考えている人はしっかり覚えておきましょう。

ルネスタに依存・耐性はある?

ルネスタやルネスタのジェネリック薬には、依存性や耐性はあるのかどうかも気になるポイントの一つですよね。ルネスタは基本的に依存性も少なく、耐性も起こしにくく作られている睡眠薬なので、依存性や耐性は少ないといえますが、全く存在しないわけではありません。

特に、多めの量のルネスタを長い期間飲み続けると、身体がルネスタの効果に慣れてしまってやめにくくなり、依存を引き起こしてしまう可能性があります。ルネスタやルネスタのジェネリック薬は用量が多めだと、より確かな効き目を感じられますが、その分、依存や耐性にも注意する必要があります。通販で購入するときはこういった注意点があることをしっかり覚えておきましょう。

ルネスタの離脱症状(やめた方法)

長い時間、多めの量を服用していた状態から、急にルネスタの服用を中断すると離脱症状が現れる場合があります。身体は定期的に薬が入ってくると思って、薬に合わせて体内を調整しているのですが、急に入ってこなくなるとそのバランスが崩れてしまうことによって離脱症状が現れるのです。

ルネスタの離脱症状は睡眠障害や痙攣の発作、幻覚や錯覚などになります。また、意識混濁や不安感、妄想などの症状もあるので、副作用だけでなく離脱症状にも注意が必要です。

離脱症状を感じないようにするためにも、ルネスタやルネスタのジェネリック薬をやめたいと思ったときは、いきなり服用を中断するのではなく、少しずつ量を減らしていくことから始めましょう。また、量を減らした結果、眠れなくなる可能性も考えられますが、そのときはルネスタの量を戻して様子を見るようにしましょう。

※お薬の効果、副作用などには個人差がございます。当サイトでは責任を負いかねますので、ご自身の判断でご利用いだたきますようお願い致します。※