アタラックスを実際に飲んでみた効き目、副作用などをご紹介します。通販を利用すれば薬局に行かずに簡単に購入できます。飲み方、持続時間、依存や耐性、離脱症状、併用禁忌薬なども解説します。

アタラックスとは

アタラックス

抗ヒスタミン薬はドリエル以外にも存在しており、それがアタラックスという薬になります。アタラックスは抗ヒスタミン薬の中では古い薬になるので、名前をあまり聞いたことがない人も多いかもしれません。

この薬は有効成分としてヒドロキシジンという成分を含んでおり、アレルギー症状の緩和とともに不安や緊張を和らげてくれる効果もあります。作用も穏やかなものなので、不安や緊張感から上手く眠ることができず、不眠症になっているという人に特にオススメの睡眠薬(睡眠導入剤)となっています。

アタラックスを実際に飲んでみての効き目

抗ヒスタミン薬としての一面も持つ睡眠薬は、過去にドリエルを試してみたことがあるので、ドリエルを比べたらどうなのだろうと思ってアタラックスを飲んでみました。アタラックスもドリエルと同じように自然に眠れる感じがしましたが、軽い睡眠導入剤として使えるかなといったような感じでした。

試してみたときは特に気にならなかったのですが、インターネットにはアタラックスに関する情報で、きつい酸味や苦味があるという意見もあるようです。そのため、そういった味が気になってしまうという人にはあまり向いていないかもしれません。

また、アタラックスを飲んでみると、それまで感じることがあった不安などが和らいで、比較的リラックスした状態で眠りにつくことができました。眠るときに急に不安になって目が冴えてしまうという経験をしたことがある人は、アタラックスを通販で購入して、その効き目を実感してみることをオススメします。

アタラックスで感じた副作用

実際にアタラックスを服用してみたときは、それほど副作用は気になりませんでした。ですが、アタラックスは人によっては眠くなったり、怠さを感じるといった副作用を感じる場合があるようです。また、副作用として抗コリン作用も挙げることができ、それによって便秘や口の渇きといった症状が副作用として現れる可能性もあるようです。アタラックスを服用する場合は、こういった副作用が現れる可能性があることを忘れないようにしなくてはなりません。

既に触れていますが、アタラックスは抗ヒスタミン薬の中では第一世代のお薬になります。第一世代の抗ヒスタミン薬は抗コリン作用などの副作用が比較的現れやすくなっているので、服用するときは注意が必要です。アタラックスを通販で購入してみたい、効き目を試してみたいと思ったときは、副作用に注意しながら服用しましょう。

アタラックスは通販で購入するのがお得で簡単

ドリエルでもそうであるように、アタラックスは薬局だけでなく通販でも取り扱われています。病院でも処方してもらおうと思えば処方してもらうことができるのですが、病院ではやはりどうしても薬価が高くなってしまいます。また、病院だとアタラックスではなくて他の薬を勧められる可能性もあるので、アタラックスを試してみたいと思っているときにはあまり適していないといえます。

通販なら自分で手軽にアタラックスを購入できますし、確実にアタラックスのみを手に入れることができます。病院で処方してもらうときのように診察費が必要になることもなく、待合室で順番を待つ必要もなくなるので、時間を無駄にすることなくアタラックスを手に入れられます。待合室で診察の順番を待ったり、処方してもらえる順番を待ったりするのは意外と手間になってしまいますし、時間を無駄にしている感覚がありますよね。

ですが、通販なら自宅などでパソコンやスマホを使って、簡単に購入できます。手間をかけずにアタラックスを購入し、不眠症を改善できるので、アタラックスの購入を考えている人はぜひ通販の利用をオススメします。また、アタラックスを取り扱っている通販は一般的な通販サイトではなく、海外から医薬品を購入できる個人輸入代行の通販になります。通販でお薬を購入するのは違法ではありませんが、服用はすべて自己責任となります。病気などがある方は、服用する前に服用しても問題がないか確認するようにしましょう。

アタラックスの飲み方・用量

アタラックスを服用するときは、副作用が現れにくくするためにも、正しい用法用量を守ることが非常に重要になってきます。そのため、通販を利用してアタラックスを購入し、その効き目を実感しようと考えている方は、事前にアタラックスの服用方法を知っておきましょう。

アタラックスは皮膚のアレルギー症状と、睡眠導入剤として使う場合で、服用する量が変化してきます。睡眠導入剤として使用する場合は、1回につき75mgから150mgを3回から4回に分けて服用します。水やぬるま湯と一緒に経口から服用し、限度量を超えないように注意しながら服用する必要があります。飲み忘れがないようにきちんと服用することが大切になってきますが、万が一飲み忘れた場合は次の回から飲むようにし、1回で2回分服用するのは避けましょう。

アタラックスのだいたいの持続時間

2つの効果を持ち、確かな効き目で眠りにつきやすくしてくれる薬であるアタラックス。アタラックスは作用時間がとても長く、血中半減期は大体59時間ほどとされています。そのため、睡眠薬としての分類では長時間型の睡眠薬に分類される薬になっています。

一日中効果を発揮してくれるのがアタラックスの頼りになる点ですが、高齢者の方や肝機能障害を持っている人が服用すると血中半減期が延長されて危険な場合があります。そのため、アタラックスを服用するときは年齢や症状などに合わせて、専門の医師に相談しつつ服用することをオススメします。

※お薬の効果、副作用などには個人差がございます。当サイトでは責任を負いかねますので、ご自身の判断でご利用いだたきますようお願い致します。※