不眠症の予防・悪化防止の方法をご紹介します。日常の生活習慣が大きく影響するため、日頃から心がけるだけで変わってきます。

不眠症を予防・悪化防止するには

不眠症を予防・悪化防止するには

不眠症の原因や改善方法を知っておくのは、不眠症を効果的に改善するために非常に重要なことです。しかし、いくら改善方法を知っていても、肝心の不眠症を予防したり、悪化を防いだりする方法を知らないままでは、あまり効果的とはいえませんよね。

不眠症を予防することができれば、睡眠に関する不安を抱えなくても済むようになりますし、もしかかってしまっても悪化防止方法があれば悪化を防げますよね。より効果的に不眠症の改善するためにも、改善方法だけでなく、予防や悪化防止方法もしっかり覚えておきましょう。

ストレスをためない

不眠症の予防や悪化防止方法として、真っ先に挙げられるのが、ストレスを溜めないようにすることです。既に説明しているように、不眠症が引き起こされる原因の中には、ストレスなどが原因による心理学的原因がありましたよね。適度なストレスは心に良い影響を与える場合もありますが、過度なストレスは不眠を悪化させるだけでなく、様々な病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

ストレスを溜めないようにすることは、不眠症を予防したり悪化を防いだりするだけでなく、健康的な毎日を送るためにも大切なことになります。

ストレスの解消法は様々なものがありますが、自分に合った方法で解消するのが効果的です。好きな趣味はもちろん、適度な運動や寝る前のリラックスタイムなども、ストレス解消法の一つとして挙げることができます。自分に合ったストレス解消法を実践して、ストレスを溜めないようにしましょう。

ブルーライト(パソコン・スマホ・テレビ・ゲーム)

夜遅くまでパソコンやテレビを見ていたり、ついつい布団やベッドの中にスマホやゲームを持ち込んでしまう人は多いと思います。しかし、パソコンやテレビ、スマホやゲームといった媒体からはブルーライトが発されています。

ブルーライトには脳を覚醒させる作用があり、寝る前に一件のメールをチェックするだけでも、脳はエスプレッソを二杯飲んだときと同じくらいの覚醒状態になるといわれています。スマホやテレビを見たり、パソコンやゲームをすることでブルーライトを浴びていると、その作用と内容や映像による刺激によって、眠りにくい状態になってしまうのです。

不眠症を予防し、悪化を防ぐためにも、就寝する一時間前にはテレビやパソコン、スマホやゲームの電源を落とし、見ないようにしましょう。これも不眠症の予防や悪化防止方法の一つであり、効果的な方法の一つでもあります。

休日の寝だめ

普段の生活が忙しい人の中には、休日に長い時間眠って、寝だめをしている人もいると思います。寝だめは一見効果的な方法に見えるかもしれませんが、実はデメリットのほうが多く、不眠症を予防する方法としても悪化防止方法としてもあまり効果的とはいえません。

睡眠不足が身体に蓄積していく状態を睡眠負債といいますが、睡眠負債は寝だめをしても一気に返済することはできず、むしろ寝だめをすることによって睡眠リズムを乱してしまいます。睡眠リズムは体内時計がコントロールしているので、睡眠リズムが乱れると体内時計も一緒に乱れてしまい、不眠症を招いてしまうのです。不眠症を正しく予防し、悪化を防ぐためにも、休日は寝だめをしないようにしましょう。

不規則な食生活

体内時計が乱れることによって不眠症は引き起こされるため、体内時計が乱れないようにすることができれば、不眠症は効果的に予防することができますよね。また、体内時計を整えるのは、不眠症の悪化防止方法としても非常に効果的です。

体内時計は不規則な生活リズムになることによって乱れてしまい、食生活が不規則だと生活リズムも不規則になってしまいます。つまり、不規則な食生活は生活リズムの乱れを招き、それに伴って体内時計も乱れてしまいます。また、就寝前に食事をすると、眠っている間にも胃腸が働いている状態になってしまうので、睡眠の質も下がってしまいます。体内時計の乱れを防ぎ、効果的に不眠症を予防するためにも、不規則な食生活にならないようにしましょう。

適度な運動

不眠症の予防と悪化防止方法の中には、多くの人に知られているような代表的といえるものもあります。それに該当するのが、適度な運動を生活の中に取り入れる方法です。適度に脳と身体を使った日はよく眠ることができ、翌朝もすっきり目覚めることができるので、適度な運動は不眠症の改善方法としても、予防と悪化防止方法としても非常に効果的なのです。

適度な運動といっても想像しにくいと感じてしまう人もいると思いますが、それほど難しく考える必要はありません。30分から1時間ほどの有酸素運動で十分なので、長い時間行う必要はありません。また、適度な運動にはストレスを解消する効果もあるので、そういった意味でも効果的だといえます。まずは時間がある日などに適度な運動を取り入れ、不眠症の悪化防止と予防をしましょう。

半身浴

適度な運動と同じように、不眠症の改善としても、予防と悪化防止方法としても効果的な方法には半身浴もあります。お風呂に入る時間がなかなか取れないから、とりあえず夜も朝もシャワーで済ませているという人も中にはいるかもしれませんが、シャワーは交感神経を刺激してしまうのであまりオススメできません。質のいい睡眠で不眠症を予防し、悪化を防ぐためにも、半身浴を取り入れることをオススメします。

また、半身浴は不眠症に対する効果だけでなく、身体が温まって汗をかくことで有害物質を汗と共に外に出すデトックス効果も期待できます。熱すぎないぬるま湯で半身浴をするのが理想的で、38度から40度くらいのお湯に20分から30分程度浸かりましょう。就寝時間になる2時間か3時間前までに半身浴をして、ゆっくりリラックスをして不眠症を予防しつつ悪化も防ぎましょう。