レグテクトを実際に飲んでみた効き目、副作用などをご紹介します。通販を利用すれば病院に行かずにジェネリックを購入できます。

レグテクトとは

レグテクト

寝酒をやめる方法の中でも、簡単に実践することができるのがレグテクトの服用です。レグテクトはアルコール依存性の治療に使われることが多く、寝酒をやめたいのにやめられない又は寝酒をやめたら眠れなくなりそうと不安を感じる場合は、アルコール依存性になってしまっている可能性があります。そのため、レグテクトが非常に大きな力を発揮してくれるのです。

従来の抗酒薬では根本の解決にならないという指摘もありましたが、レグテクトは飲酒欲求を抑える作用があるので、根本的な部分からお酒をやめることができます。効き目を実感してみたいと思った人は、ぜひ通販を利用して、レグテクトやジェネリック薬を購入しましょう。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

レグテクトを実際に飲んでみての効果

一時期、上手く眠れないことを理由に寝酒をしていた時期があるのですが、寝酒が身体に悪いことを知ってからは寝酒をやめようと決意しました。そのときにレグテクトを飲んでみたことがあるのですが、普段ならお酒を飲みたいと感じる場面に直面しても、お酒を飲みたいという気分にあまりなりませんでした。

今までは寝るときにお酒を飲まないといけないと感じていたのですが、レグテクトの服用を始めてからは、わざわざ寝る前にお酒を飲む必要性はないな、と感じるようになれたのです。寝酒のやめ方には、他にも飲む量を減らすなどがありましたが、レグテクトはそういった方法よりも手軽に寝酒をやめることができます。通販ならジェネリック薬なども販売されているので、レグテクトの効き目を実感してみたいと感じたひとは、ぜひレグテクトを購入してみてください。

レグテクトで感じた副作用

レグテクトは、服用中にもしお酒を飲んでしまっても、特に不快感を覚えないので安全に寝酒をやめることができる薬だといえます。ですが、薬となると副作用はどのような症状があるのか、確認しておきたいと考える人も多いことでしょう。

レグテクトを服用したときに感じた副作用には、下痢や腹部膨満といった症状がありました。また、他にも傾眠や嘔吐などの症状も副作用として報告されているので、レグテクトを服用するときはこれらの副作用に注意しましょう。レグテクトは胃に対して刺激性があるため、胃の中では溶けないようにコーティングされているので、噛み砕いて服用するのは避けましょう。

レグテクトはジェネリックを通販で購入するのがお得で簡単

レグテクトは主にアルコール依存性の治療に使われる医薬品のため、アルコール依存症の専門医療機関で、専門医に処方してもらうことができます。アルコール依存症の専門外来がない場合は、内科でも対応してもらえるところもあります。しかし、レグテクトが最適ではないと医師が判断した場合はレグテクトを処方してもらうことができませんよね。

既に少しだけ触れているように、レグテクトにはジェネリック薬も作られています。通販を利用すれば簡単にレグテクトのジェネリック薬を購入できますし、価格はレグテクトよりも安くなるので非常にお得になります。レグテクトの効き目を実感しつつ、お得にお酒をやめたいと思ったときは、通販を利用してレグテクトのジェネリックを購入しましょう。

※リンク先はレグテクトのジェネリックです。

レグテクトのだいたいの持続時間

確かな効き目があるレグテクトですが、大体の持続時間も気になるところだと思います。レグテクトの半減期は14.9時間から20.4時間ほどになっており、4.4時間から6.8時間で血中濃度が最高値に達します。つまり、レグテクトは服用して大体4時間から6時間ほどでピークに達し、大体14時間から20時間ほどで薬の効果が抜けていくということになります。

レグテクトのジェネリック薬でも、この持続時間に変化はありませんので、安心して通販で購入しましょう。レグテクトについて知識を得ておくためにも、レグテクトの効果だけでなく半減期もしっかり覚えておきましょう。

レグテクトに依存・耐性はある?

レグテクトは日本国内では2013年に認可され、同年の5月27日に発売されたばかりの、医薬品の中では比較的新しいものに分類されます。そのため、日本国内ではまだ情報が少なく、レグテクトそのものへの依存性や耐性などの情報はあまり出てきません。

しかし、レグテクトの服用期間は原則24週間と決められており、有益性が認められた場合にのみ、服用期間を延ばすことができます。漠然と服用し続けることは禁止されているので、レグテクトを服用するときは定められている服用期間を守りましょう。

レグテクトの離脱症状(やめた方法)

レグテクトは離脱症状や禁断症状が見られた場合、離脱症状に対する治療を終了してから使用することになります。また、レグテクトにはアルコール依存症による離脱症状への治療効果はありません。因果関係などは不明ですが、レグテクトを服用することによって自殺念慮や自殺企図が現れたという報告もあります。自殺願望がある状態でレグテクトを服用するときは、必ず他人に相談し、注意深くレグテクトを使う必要があるので気をつけましょう。

※お薬の効果、副作用などには個人差がございます。当サイトでは責任を負いかねますので、ご自身の判断でご利用いだたきますようお願い致します。※