自律神経の乱れを整える様々な方法や自律神経失調症の症状をご紹介します。また、交感神経や副交感神経についても解説します。

自律神経とは

自律神経とは

循環器や消化器、呼吸器といった臓器の活動を調節するために、常に働いてくれている神経である自律神経。自律神経は交感神経と副交感神経からなる神経ですが、不規則な生活やストレスによってそのバランスが崩れてしまうと、様々な症状が身体に現れます。

特に有名なのが自律神経失調症で、身体はもちろん、心にも不安や緊張、不眠症、抑うつなどの症状が現れるようになります。他にも神経性胃炎や過敏性腸症候群、メニエール病などもあるので、これらの病気にならないようにするためにも、乱れた自律神経を整える方法を覚えておきましょう。

自律神経の乱れを整える方法

乱れた自律神経を整える方法といっても、難しく考える必要はありませんし、方法も難しいものではありません。一度乱れてしまった交感神経と副交感神経は、様々な方法で整えることができます。どのような方法があるのか、自分に合った方法はどんな方法か、しっかり確認しておきましょう。

自律神経調整薬(グランダキシン)

乱れてしまった交感神経と副交感神経のバランスを整え、自律神経を整える方法の一つとして、グランダキシンの服用があります。グランダキシンはあまり聞き慣れない名前かもしれませんが、1986年に発売された薬で、自律神経調節薬という種類の医薬品です。

グランダキシンはベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じように、GABAの働きを強めて脳をリラックスさせ、活動を抑える効果があります。また、脳の視床下部に働きかけることで乱れた交感神経と副交感神経のバランスを整え、神経興奮を抑制して不安を軽減する作用もあります。

依存性も極めて低く、副作用も非常に少ないので、グランダキシンは自律神経を整える方法の中でもかなりお手軽な方法です。しかし、効果がとても弱いというデメリットもあるので、グランダキシンを服用するときはそのことをしっかり頭に入れておきましょう。

グランダキシンは服用してから1時間で血中濃度が最大になり、2時間から6時間ほど持続します。最大で150mgまで使うことができ、1回分の用量は50mgになっています。1日3回に分けて、水やぬるま湯と一緒に経口から服用しましょう。

※リンク先はグランダキシンのジェネリックです。

自律訓練法

交感神経と副交感神経のバランスを整え、自律神経の乱れを整える方法で、比較的簡単にできるのが自律訓練法です。この方法は1932年に、ドイツの精神科医であるシュルツ氏によって考案された方法で、現在も治療に使われることがある方法です。

一種の自己催眠療法で、ストレスの緩和や心身症、神経症に対して効果があります。自律訓練法は自律神経を整えるだけでなく、心を整える目的で行うこともできるので、非常にオススメな方法になっています。

心理療法(カウンセリングなど)

交感神経と副交感神経のバランスを整える方法には、カウンセリングなどの心理療法もあります。カウンセリングと聞くと、うつ病などの改善に効果がある方法だと想像する人が多いと思いますが、自律神経を整える方法としても利用することができるのです。

そもそも自律神経が乱れる原因にはストレスがあるので、カウンセリングによって心理的な問題や強すぎるストレスを取り除けば、自然と自律神経の乱れも整えられるのです。ストレスは抱え込みすぎると心身共に悪影響を受けるので、気になる人は一度カウンセリングによる心理療法を選んでみることをオススメします。

音楽療法・アロマテラピー

主にストレス解消に効果的な方法として、アロマテラピーや音楽療法があります。これらの方法は自律神経を整える方法としても効果的で、ストレス解消と同時に乱れてしまった自律神経も整えることができます。

音楽を聴くとα波という脳波が出るのですが、このα波は、身体と脳を休めてリラックスさせる他、ストレスを和らげる効果があります。また、アロマテラピーは香りによって交感神経と副交感神経に働きかけることができるので、効果的に自律神経の乱れを整えられるのです。最近ストレスが溜まり気味かもしれないと感じたときは、ストレス解消も兼ねて音楽療法やアロマテラピーを取り入れてみましょう。

マッサージ・整体・指圧・鍼灸

整体や指圧、鍼灸やマッサージも、交感神経と副交感神経のバランスを整える方法として非常に有効です。ストレッチやヨガも有効なので、近くに整体や指圧、鍼灸などのマッサージ店がないときは自宅でストレッチやヨガをするのがオススメです。

肩こりと自律神経は深い関係があり、交感神経が活動しすぎると全身の筋肉が強張ってしまい、肩こりや腰痛などの症状になるのです。整体や指圧、鍼灸などによって身体にマッサージの刺激を与え、筋肉の緊張を解すと精神の緊張も一緒に解れるので、リラックス効果もあります。また、疲労も解消されるので、こういった方法もオススメです。

生活習慣の改善

生活習慣の改善は、健康のためにも重要ですが、自律神経を整える方法としても重要なポイントです。そもそも交感神経と副交感神経は、ストレスだけでなく不規則な生活によっても乱れてしまうため、生活習慣を改善して規則正しい生活を送れば、自律神経の乱れは改善されます。

どんなに忙しくても、できるだけ1日3回の食事をとるようにし、早寝早起きを心掛けましょう。特に早寝早起きの習慣をつけるのは規則正しい生活を送るために重要なので、忘れないようにしましょう。