ソナタを実際に飲んでみた効き目、副作用などをご紹介します。通販を利用すれば病院に行かずにジェネリックを購入できます。

更新日 2018-06-27

ソナタとは

ソナタ

ルネスタと同様に、超短時間型の睡眠薬(睡眠導入剤)の一つなのがソナタです。ソナタに含まれている有効成分はザレプロンという成分で、この成分の作用によって快適な眠りに導いてくれます。寝付きが悪いことによる不眠症に対して特に効果的という特徴があるため、入眠障害に悩んでいる人に特にオススメの睡眠薬となっています。

ソナタの効果は既に少しだけ触れているように、脳内にある物質であるGABAの数を増やして興奮や不安などを和らげ、快適な睡眠へ誘ってくれます。ルネスタのような独特な苦味もないので、ルネスタではどうしても苦味が気になるという場合はソナタを試してみるのはいかがでしょうか。

※リンク先はソナタのジェネリックです。

ソナタを実際に飲んでみての効き目

ソナタを実際に飲んだときはどのような感じなのか、知っておきたいと考えている人は多いと思います。飲んだときの感覚などを調べておくことができれば、実際に飲もうと思ったときも安心してソナタを飲むことができますよね。

ソナタの効き目は確かなもので、ルネスタのように苦味も気になることなく、安心して服用することができました。強力な効き目が感じられるということもないので、寝付きが悪くてもぐっすり眠れますし、自然に眠くなったときのようにスムーズに眠ることができます。

翌朝に残るのかどうか気になる人も多いと思いますが、ソナタは飲んでも翌朝に残りにくいので、持ち越し効果が気になる人でも安心して使うことができると思います。入眠障害に悩んでいる人は、ぜひ通販でソナタやソナタのジェネリック薬を購入し、飲んでみるのをオススメします。

参考サイト(原文版):ザレプロン(wikipedia)

参考サイト(翻訳版):ザレプロン(wikipedia)

ソナタで感じた副作用

確かな効き目を発揮してくれるのが魅力のソナタですが、効き目だけでなく副作用を気にしている人も多いと思います。ソナタを実際に飲んだときに感じられる可能性がある副作用とはどのようなものなのでしょうか。

私が実際にソナタを試してみたときは、立ちくらみが副作用として感じられました。基本的にソナタは副作用が非常に少なくなっていますが、個人差があり、使う人によっては副作用が現れてしまう可能性もあります。

他にも、ソナタにはめまいや眠気、筋弛緩作用などの副作用があり、これらの症状はソナタを飲んでから1時間以内に感じることがほとんどのようです。効き目を実感するのが早いのがソナタの魅力ですが、副作用を実感するのも早いので通販でソナタやソナタのジェネリック薬の購入を考えている人はそのことをしっかり覚えておきましょう。

参考サイト(原文版):ザレプロン(wikipedia)

参考サイト(翻訳版):ザレプロン(wikipedia)

ソナタはジェネリックを通販で購入するのがお得で簡単

確かな効き目で不眠症を改善してくれる魅力があるソナタ。ルネスタの場合でもそうであるように、ソナタは通販でジェネリック薬を購入したほうがお買い得になります。もちろん病院で処方してもらうこともできますが、病院でソナタを処方してもらうのは、なんだか抵抗感があるという人も多いと思います。また、病院でいちいちソナタを処方してもらうのは手間がかかりますし、移動費や診察費が気になる人も多いことでしょう。

インターネットからいつでも利用できる通販なら、自宅から簡単にソナタを購入することができます。ソナタそのものを通販で購入するのは難しい場合もありますが、ソナタのジェネリック薬ならたくさん取り扱われているので入手も簡単です。不眠症に悩んでいるときは、少しでも早く優秀な睡眠薬を欲しいと思っていることがほとんどなので、通販で素早くソナタのジェネリック薬を購入できるのは大きな魅力ですよね。

また、ソナタのジェネリック薬なら金銭的な負担にもなりにくいので、より安心して不眠症を改善することができます。一般的な通販を利用しているときと同じような感覚で利用できるので、通販でソナタのジェネリック薬を選び、お得に購入しましょう。ただし、通販で購入する場合はすべて自己責任になります。病気などで服用が心配な方は、事前に医師に相談するようにしましょう。

※リンク先はソナタのジェネリックです。

ソナタの飲み方・用量

ソナタの安全性を損なわないようにするためにも、服用するときは正しい方法で服用するのが重要になってきます。そのため、ソナタやソナタのジェネリック薬の使用を考えている人は、事前に正しい服用方法や用量を知っておくことをオススメします。

ソナタは1日1錠、就寝前や寝付けないときに水やぬるま湯と一緒に経口から服用します。アルコールなどと一緒に服用してしまうと、効き目に変化があったり、強い副作用が起きやすくなってしまうので、絶対にアルコールで服用するのは避けましょう。

1回に服用する用量は10mgとなっており、高齢者や低体重の方、肝臓に疾患がある方が服用する場合は1回5mgになります。限度量を守って正しくソナタを服用し、入眠障害を改善していきましょう。

ソナタのだいたいの持続時間

ソナタは超短時間型の睡眠薬なので、ルネスタと同じように持続時間は短めになります。大体の持続時間は約3時間から5時間程度となっており、効果が現れるまでの時間は服用して30分から1時間前後になります。持続時間は短めですが、かわりに即効性があるといえるので、できるだけ早く効き目が現れてほしいと考えている人には特にぴったりです。

また、薬の切れも早いので、翌朝に持ち越し効果が現れる可能性も低くなっています。超短時間型の睡眠薬の中でも、できるだけ早く効いてきてほしい人は、通販でソナタやソナタのジェネリック薬を購入しましょう。

ソナタに依存・耐性はある?

ソナタの耐性や依存性はどうなのかも、ぜひ知っておきたいところかと思います。非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、もともと依存性や耐性が形成されにくいという特徴を持っているので、それに属するソナタも同様に依存性や耐性ができにくくなっています。

しかし、長い時間、ソナタの服用を続けていた場合は身体がその影響を受けてしまう可能性も全くないわけではありませんので、長期間服用するときは注意が必要です。とは言え、正しく使っている分には依存性も耐性もほとんどないので、通販での購入を考えている人は安心してソナタやソナタのジェネリック薬を購入しましょう。

ソナタの離脱症状(やめた方法)

ソナタは長期間服用を続けていた状態から、急に一切服用しなくなると離脱症状が起きる可能性があります。しかし、ソナタの離脱症状はある程度軽いものが中心になっており、重い離脱症状が現れることはほとんどありません。こういった面から見ても、ソナタやソナタのジェネリック薬は安全性が高いといえるので、はじめて睡眠薬を使おうと考えている人はぜひ通販で購入してみましょう。

離脱症状を起こさずにソナタをやめるためには、服用する量を少しずつ減らしていくのがコツになります。長期間、ソナタを服用している状態は、身体がソナタの効果に慣れてしまっている状態なので、この状態で急に服用を中断すると離脱症状が現れる可能性が高くなってしまうのです。安全にソナタの服用を中断するためにも、服用を中断するときは必ず少しずつ量を減らしていきましょう。

※お薬の効果、副作用などには個人差がございます。当サイトでは責任を負いかねますので、ご自身の判断でご利用いだたきますようお願い致します。※